女性との距離を縮める!会話を盛り上げる女性のいじり方!

この記事は約7分で読めます。

こんにちは! ゆいか(結花)です♪

恋愛相談を受ける際に、
よく女性のいじり方についての質問を頂きます。

女性とのコミュニケーションを円滑にする上で、
楽しく話すことは大切ですが、「いじる」ことに苦手意識を持つ男性が多いようです。

そこで今回は女性のいじり方のテクニックについてご紹介していきます!

「相手発」の出来事をネタにする

女性をいじる際の基本となるのが、
「相手発」の出来事をネタにするということです。

女性は自分に身に覚えのないことでいじられても、
上手くリアクションをとることができません。

例えば
お酒についての話題に触れてもいないのにいきなり

○○ちゃんってお酒で失敗してそうだよね

と、女性をいじってしまうと

何のことですか?

と、冗談なのか認識できず
女性としてもリアクションに困ってしまいます。

しかし、女性から

お酒が好きで、何杯でも飲めちゃうんですよね〜(^^)

と、お酒に関する発言の後に

そうなの?…なら、結構お酒で失敗してるんじゃない?笑

と、いじることは脈絡があるため
女性も自然な流れでリアクションをすることができます。

このように、
「相手発」の出来事を少しオーバーに言うだけでも
いじりのネタになります

実際に、いじりのネタにしやすい話題は次の2つです。

  • 相手の失敗
  • 相手の特徴的な言動

上記の例えでも
「お酒好き」という相手の特徴的なエピソードを
いじりのネタにしています。

その他にも、
女性の顔にご飯粒がついていた場合は

ご飯粒ついてますよ笑 …それ狙ってやってます?笑

と相手の失敗をネタにすることもできます。

このように、いじりのネタを探す際は
相手の失敗や特徴的な言動から見つけるようにしましょう。

女性をスムーズにいじることができる3ステップ

それでは、実際に女性をいじる際の
3ステップについて紹介していきます。

この通りに手順を踏んでいくことで
スムーズに女性をいじることができます。

いじりの3ステップは以下の通りです。

  1. 疑う
  2. 冗談
  3. 特別視 & 共感

いじりの最初のステップは「疑う」ことから

もし、
いじり方がよくわからないという男性は
相手の言動を「疑う」ことから始めてみましょう。

相手の女性が
自慢や得意なこと、特徴的なことなど
世間一般的にマイノリティなことを言ってきたら
そのことに対して疑うだけでも簡単ないじりになります。

例えば、女性が

私、料理が得意なんですよ~

と、自慢してきたら

本当ですか~?
またまた〜

と、言うだけでも簡単ないじりになります。

悪い例としては

👩「私、料理が得意なんですよ~
👨「そうなんですね~

⬆️ のように相手の自慢を
そのまま肯定してしまうと
会話が上手く盛り上がらなくなってしまうので
気を付けましょう。

いじりの最初のステップでは
相手の発言に対して疑ってみることから始めてみましょう。

疑った後に「冗談」を言う

相手の発言に対して疑うことができたら
次に冗談」を付け加えることで、
より会話が盛り上がるいじりをすることができます。

例えば次のような流れで冗談まで繋げてみましょう。

👩「私、料理がめちゃめちゃ得意なんですよ~✨
👨「あ、そうなの?…得意料理カップラーメンとか言わないよね?笑
👩「違いますよ~笑

⬆️のように、
相手の発言を疑った後に冗談を付け加えることで
女性から笑いの含まれたリアクションが返ってくるので、
会話がどんどん盛り上がっていきます。

最初のステップ(相手の言動を疑うこと)ができるようになったら、
続けて冗談も言えるようにチャレンジしてみましょう。

最後のステップは「共感・肯定」

冗談まで言えたら
最後は「共感・肯定」をしてみましょう。

疑い・冗談の後に、
共感や肯定的な意見を伝えることで
相手の女性をフォローしながら褒めることができます。

例えば

👩「私、料理がめちゃめちゃ得意なんですよ~
👨「あ、そうなの?…得意料理カップラーメンとか言わないよね?笑
👩「違いますよ~笑普通に作れますよ!
👨「どれくらい料理できるの?
👩「レシピ見なくても大抵のものは作れますよ~!
👨「マジか!そういう子が彼女なら最高だね~

⬆️のようにいじることで、
会話が盛り上がるとともに
料理ができることを褒めることができます。

共感や肯定以外でも
すごいね~」と「特別視」することも
相手を褒める上では効果的です。

ただし、男性が女性に
「すごい」「さすが」といった特別視を多用してしまうと、
男性としての価値が低くなってしまう恐れがあるため
共感や肯定をする方が無難だと思っています。

いじり参考例

いじりの流れをいくつかご紹介します。
参考にしてみてください。

参考例①

👩「最近、ジムで毎日1時間筋トレして、結構筋肉付いてきたんだ~! 」
👨「そんなガッツリやってるの!?ボディビルダーでも目指してるとか?笑
👩「違うよ笑 健康のためー 笑
👨「確かにスタイルいいもんね!努力の成果だったのか!

参考例②

👩「私、お酒飲むのは好きなんだけど、弱くてすぐ酔っ払っちゃうんだよね〜
👨「そうなの?…じゃあ酔わせてお持ち帰りだな?笑
👩「最低か!笑
👨「でも、お酒弱いのに居酒屋に付き合ってくれるの優しいよね!」

参考例

👩「私、お酒飲むのは好きなんだけど、弱くてすぐ酔っ払っちゃうんだよね〜
👨「そうなの?すぐ顔とか赤くなっちゃう感じ?
👩「そうそう
👨「まあ無理はしないで〜。…ちょっと見てみたい気もするけど笑
👩「え〜笑

女性をいじる際の注意点

女性をいじる際にはいくつかの注意点があります。
この注意点を抑えないと、相手を傷つけてしまう恐れがあります。

女性をいじる際は、次のことに注意しましょう。

  • 笑いながらいじる
  • コンプレックスに思っていそうなことはいじらない
  • 好意的に思っていることしかいじらない

笑いながらいじる

女性をいじる際は、
笑いながらいじるようにしましょう

笑いながらであれば、冗談として成立することでも、
まじめなトーンで伝えてしまうと
本気なのか冗談なのかわからず
女性としてもリアクションに困ってしまいます。

相手に「いじり」だと認識してもらうためにも
いじる際に笑うことを忘れないようにしてください。

コンプレックスに思っていそうなことはいじらない

女性をいじる場合、
コンプレックスに思っていそうなことは
絶対にいじらないようにしましょう

盛り上がると思っていじったことが、
相手の女性のコンプレックスだった場合
いじりはただの悪口になってしまいます。

身長の高さや体格の良さをコンプレックスに感じていたり、
逆に身長の低さや華奢な体型に悩んでいたりと
女性のコンプレックスは千差万別です。

関係性が薄い段階で
相手の女性が何にコンプレックスを抱いているかを
判断することはできません。

悪口と受け取られないようにするためにも
いじりは相手発の失敗や特徴的な言動をネタするようにして
コンプレックスに思っていそうなことは、いじらないように気を付けましょう。

好意的に思っていることしかいじらない

いじりは相手の失敗や特徴的な言動に
「好意的な印象を持っていることが大前提」となります

この前提があるかどうかが、
いじりと悪口を区別するラインになります。

いじりとは、言い換えると「相手を褒めている」ことです。

つまり、
何それ、可愛すぎ!」と
好意的に思っていることをネタにするからこそ
女性も好意的にいじりを受け取ることができます。

私も旦那さんとデート中に、
間違って一緒に男子トイレに入りそうになったことがありました。

この時、
旦那さんは笑いながら

俺、男と付き合ってたんだっけ?笑

と、いじってきました。

このいじりの裏には
もう、しょうがないなぁ~」という
好意的な気持ちが隠れています。

相手の言動で、自分が良いなと思ったことだけを
ネタにいじるように心がけましょう。

「自分発」の出来事で、自分いじりもできるようになろう

相手発」の言動だけではなく、
自分発」の出来事をいじることも
会話を盛り上げるテクニックの一つです。

「自分発」の出来事とは以下の2通りです。

  • 自分の失敗
  • 自分の特徴的なこと

例えば
自分が猫好きな場合、

俺、猫すごく好きなんだよね。猫だったら家に100匹いてもいいわ~笑

などのように、
明かに嘘とわかる内容で
女性からツッコミしやすいことを
ボケてみることも自分いじりの一つです。

自分いじりは、誰も傷つけずに
会話を盛り上げることができるテクニックなので
女性いじりがまだ苦手に感じる男性は
試してみるといいでしょう。

いかがでしたでしょうか。

いじりが上手になってくると
女性との距離感がグッと近くなるので
是非マスターしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました