【意見を言うのが苦手な人へ】主張しつつ否定しないA⇒B提案

この記事は約5分で読めます。

こんにちは!ゆいかです。
あなたは、自分の意見を伝えるのは得意ですか?
相手と意見が合わないとき、どんな風に伝えますか?

自己主張しつつも相手の意見を否定しない、3つのコミュニケーションのコツについてお話しさせて頂きます♪

器の大きい男と思われる、A提案からのB提案とは?

たとえばデートの行き先の話をしているとき。
女性はAがいいと思っているけど、自分はBがいいと思っている…
そんな風に意見が違うときってありますよね?

女性の意見に100パーセント共感するのもいいですが、自分の意見もきちんと伝えられるといいですよね!
自己主張できることは男性らしさにもつながります。

今回ご紹介するのは、自己開示するコミュニケーションスキルとして、ぜひ覚えていただきたい、とっても簡単な3つのテクニックです!

3つのよくある再現会話

よくある会話①【ディズニーリゾートに行くなら、ランドorシーのどっち?】

私はディズニーランド派かな~(A提案
街並みがきれいで、乗り物に乗らなくても満足できるし!

僕はシー派かな(B提案
シーは海の中に火山があって、東京から近いのに自然を感じられるのが感動するから!

でもランドもファンタジー感があって好きだよ!(A提案

よくある会話ですよね。
この会話のコツは、最終的に「ランド(A提案)の話題に戻ってくること」です!

つい自分の意見だけを言って会話が終わってしまうと、女性は気を使って、「シー(B提案)にしますか?」と言わなくてはいけないように感じてしまいます。

最終的に、相手の意見に配慮してあげる姿勢を見せるといいですね。
「私の意見に戻ってきてくれた」と感じると女性は嬉しくなります。

このように、A→B→Aの順番で会話をする、というのが基本のテクニックです!

よくある会話②【どんな映画が好き?】

〇〇ちゃんは、どんな映画をよく見るの?

私はやっぱり恋愛ものが好きだな~(A提案

女子だね~!いいね!
恋愛ものは学生時代を思い出してキュンキュンするから、俺も好きだよ。

でも男だから、わざわざ見に行くときは、アクションとかホラーとか見るのが好きかな。(B提案

だけど彼女がいるときとかは、恋愛もの見ると、感想言いあえて楽しいからいいよね!(A提案

この会話でも、最終的に「恋愛ものが好き(A提案)」という意見に共感しています
共感はとても大事なのですが、自分のことも話しておかないと、毎回恋愛映画ばかり見に行くことにもなりかねません。

きちんと自分の好きなもののことも話しておけば、「そういえばアクションも好きって言ってたよね」と女性の方から言ってもらえる機会も生まれます。

共感するだけではなくて、自己開示することで、お互いの性格、人柄、好きなものなどがわかりますよね。そうやってお互いのことを知っていくことが大切です。

ただし、自己開示した後は、自分の好きなものの話ばかりするのではなくて、きちんと女性の意見に戻るA→B→Aの流れを忘れないように気を付けましょう。

よくある会話③【旅行に行くなら海外旅行?国内旅行?】

今度は、自己開示をした場合の、悪い例と良い例を見てみましょう。

《悪い例》

私、旅行は海外に行くのが好きなんです~(A提案

海外か…僕、行かないんですよね…(B提案?)

・・・・・・(えっ、興味ないのかな?)

このように、自分のことだけ話して相手の意見を否定してしまうと、気まずい空気になってしまいます。

やはり自分の意見を伝えつつも、相手の意見を否定しないのが、上手なコミュニケーションのコツです。

それでは、良い例を2パターンご紹介します。  

《良い例①》

私、旅行は海外に行くのが好きなんです~(A提案

そうなんだ。

海外には行ったことなくて、旅行は国内が多いんですよ。
一番遠くて沖縄かな。(B提案

だけど今更だけど海外にも行ってみたいと思いますね。(A提案

こんな会話だとどうでしょうか。
「自分は海外旅行には行ったことはない」ということはきちんと伝えつつも、相手の好きな海外旅行を否定せずにスムーズな会話ができていますね。

相手の意見に寄り添うあまりに、嘘をついてはいけないと思います。
「共感しても、嘘をつかない」というのは、難しいところでもあります。
でも、自分の気持ちが入っていないと言葉に感情が乗らないですよね。

こんな風に自分に素直に意見を伝えられていれば、女性の方も沖縄の話を膨らませてくれるかもしれません。

《良い例②》

そうなんだ。

俺は海外には行ったことがなくて、国内旅行が好きだけど、海外もいいですよね。

国内旅行だと温泉でゆっくりしておいしいものを食べるのがいいし、海外旅行だとたくさんの場所を巡りながら知らないことを知れるからわくわくしますよね。

こちらのパターンでは、A/B両方の魅力を言っています。

海外旅行には行ったことはなくても「知らないことを知る」という楽しみ方は理解していることが女性に伝わって、好印象ですね。

相手の主張も認めつつ、自分の意見も言える上手な伝え方です。

海外旅行と国内旅行のように、二極になるものの両方の良さを考えるトレーニングを普段からしておくと、こういった伝え方をするのも上手になりますよ!

まとめ【3つのテクニック】

  1. A→B→A の流れを数式のように覚えて使いこなしましょう!
  2. 共感+意見を言うことで、自己開示しましょう!
  3. 普段から、二極の関係にあるものの両方のいいところを考えるトレーニングをしましょう!

この3つのテクニックだけで、だいぶコミュニケーション力がUPします。
ぜひ普段の会話から意識してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました