こんにちは! ゆいか(結花)です♪

今日は、20代女性から頂いたご相談に対する回答をご紹介します♪

相談者様からのお悩み

  • 「長期の海外留学に行って、そのまま海外で働きたいけれど
    お付き合いしている大好きな彼とも一緒にいたいです。
  • どちらを選んでも
    後悔はしないようにしたいのですが、
    選ぶポイントはありますか?」

難しい判断が求められる状況ですね。
納得できるよう、しっかり考えて答えを出したいものです。

どうしても決められないことを決めるときのポイント❤️

海外留学へ行く夢を追うのか、
日本で彼と一緒にいるのか、

こういう究極の二者択一を
選ぶときの一番のポイントは、

「本当は自分はどうしたいのか」
ということを
明確にするということです。

本当の自分の気持ちを
明確にする方法として、

コインを宙に投げて決める
という方法があります。

一見
不誠実な方法に思えますが、
自分の本当の気持ちがよくわかる手法です。

コインを投げて
海外留学へ行くという選択肢が出た時に、

「やっぱりそれは嫌なんだ!」
と思ったら、

彼と一緒にいることを
選んでもいいと思うし、

コインを投げて
彼と一緒にいるという選択肢が出た時に、

「でもやっぱり海外留学に行きたいんだ!」
と思ったら
海外留学に行くのもいいと思います。

・・・
しかし、
本当にどちらか悩んでいる場合、

海外留学へ行くことを
選んだとしても、

日本で彼と一緒にいることを
選んだとしても、

後悔します。

なぜなら、
悩むということは
両方に同じくらいの価値を感じており、

人間手に入れているものより
失ったものの方に価値を感じるので、

手に入れられなかったものの方に
執着するからです。

これを「プロスペクト理論」といいます。

プロスペクト理論:https://uxdaystokyo.com/articles/glossary/prospect-theory/

選ぶのではなく第3の案を考える

でも、
ここでちゃんと考えた方がいいことは、

A案でもB案でもない
第3の案を考えるということです。

どうすれば
2人がいい方向へいくのかを
一緒に考えられる相手であれば、

2人で一緒に幸せになれる方法を
考えていくことができるからです。

パートナーシップの問題で言えば、
1人では解決しようのない
相手の人生にも関わる
問題でもあります。

また、
悩んだ時は動かないことを
オススメします。

なぜなら、
自分の中で
選択肢が残るからです。

海外留学に行くのを
1年延ばしたとしても

海外留学に行くという
選択肢は消えないけれど、

もしここで彼と別れたら
もう彼と付き合うことは
ないかもしれません・・・

長期的な視点を忘れない

相談者様のお悩みは、

海外留学へ行く夢を選ぶのか
彼と一緒にいることを選ぶのか
どちらかを選ぶのではなく、

どちらを
先に手に入れるのかという
手に入れる順番の
問題なのかなと思います。

なので、
「海外留学に行く」という
選択肢を残した上で、
次のことに取り組むことはできそうでしょうか。

  • 何があればお互いに安心して海外へ行けるのか話し合う。

相談者様は
何があれば
安心して海外留学へ
行けるのでしょうか。

例えば、
彼が一生懸命英語を勉強してくれて、

「俺も一緒に行く!」
と言いてくれたら
安心して海外留学へ
行けるのかもしれないですし、

一緒に行くことはできなくても、
「婚約」という約束があれば
安心して海外留学へ行けるのかもしれません。

彼も
何年もは待てないけれど、
1年だけなら待てるのかもしれません。

一般的な話になってしまいますが、
「5年は待てないけれど、1年だけなら待てる」
という人は多いです。

また、
「絶対に海外へ行きたくない」
という人でなければ、

金銭面や、
帰国後の仕事の目途が立っていれば、
一緒に海外留学へ行けることもあります。

お互いに、
何があれば安心して海外へ行けるのか
話し合える人であるのであれば、
話合っていただければと思います。

時間に余裕を生むことで、焦りのない選択を

今すぐに海外留学へ行かなくてもいいのであれば、

同時に
「本当に彼でいいのか」
ということを見極めることも
オススメします。

ゆいか(結花)は、
「結婚」は「就職」と似ていると思っていて、

ブラック企業に入らないことは
精神の安定のために大切だけれども、

そうでなければ、

どんな仕事をするのかよりも、
「どうやって人間関係を築いていくか」
ということの方が大切なことだと思っています。

恋愛も同じで、

暴力をふるったり、
お酒を飲むと人が変わったり、
借金があったり・・・

よほど変な人だと思っていなければ
いくらでも幸せになることはできるので、

誰と結婚するかよりも、
結婚した後に
「どうやっていい関係を築いていくか」
ということが大切なことだと思っています。

1年ちゃんとお付き合いをすれば、
相手がどんな人か分かるので、

お付き合いする中で、
「私はこの人と生きていく」
という覚悟のようなものが
生まれてくれば、

彼と一緒にいることを
選んでもいいのではないでしょうか。

最後は、直感を信じる

ゆいか(結花)は
大事にしてきた言葉があって、

「そのとき、自分がいいと思ったことを選ぶ以外に道はない。」
と思っています。

たくさん悩んで
たくさん2人で話し合って、

他の人にも聞いて
それでも迷ったら、

最後は、
自分の気持ちに正直に選ぶ。

それ以外に選ぶことはできないのではないかなと思います。

相談者様は

大好きな彼も
海外留学の夢も、

どちらも取ることができる方法があると思いますよ。


いかがでしたでしょうか。

「どちらを選んでも必ず後悔する」
「A案でもないB案でもない第3の案を考える」
「長期的な視点を忘れない」
「時間に余裕を生むことで、焦りのない選択をする」
「最後は、直感を信じる」

これらの考え方は、
色んなお悩みに応用できることです。

是非活用してみてくださいね!